Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
+αで、一狩り行こうぜ

プロフィール

AQUATURTLE

Author:AQUATURTLE
AQUATURTLE
↑細かい私の情報は画像クリック!

類い稀なる狩りの才能が封印されたフンター悲しみを抱えた哀愁のあるフンターAQUATURTLEです!!

最新記事TOP50

↓使える人は是非利用してね↓

歌姫90分タイマー

ぽちぽちぽち!!

↓ぽちぽち

モンスターハンターフロンティア・攻略ブログ
水亀アンテナ

↑押してくださいな*^^*

カテゴリ

リンク

  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加すると見せかけてしない

    最新コメント

    月別アーカイブ

    人気ページ&逆アクセス

    ブログパーツ

    Amazon














    アンケート

    前回アンケート参加してくれた人ありがとうです!

    検索フォーム

    MHF-G リンク

    モンスターハンターフロンティア・攻略ブログ

    Powered By AQUATURTLE Friend

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
    |コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分


    1日一回の極致と私の日記

    団長あるある早く言いたい



    団長はデイリーモスが来るといつも闘技場のモスを全て駆逐してやろうと頑張ります

    トンファーやラスタやパト子
    ありとあらゆる手段を投じで団長はモスを狩りに行きます

    NPCどもが綺麗に散らばったり、団長の鶏肉(ホルク)が仕事をすればと期待してますがいつも剥ぎ取っていたり、空を気持ち良さそうに飛ぶばかり

    団長もトンファーで最初はがんばっていました
    しかしながら、始めてしまえば止めることはもう出来ない
    後には引けないこの状況を団長は楽しむ

    多分団長はモスの駆逐にやりがいを感じている

    1日に一回、休む事なく1週間。

    これを祭が来るたびに毎回

    何十、いや何百にも渡る死闘の末とうとう発見する。

    「双剣なら何とかしてくれるかも」

    そう思い始めたら団長は居ても立っても居られず、持っていたトンファーをBOXにぶち込んで気分を変えて双剣で行く事にした

    「懐かしい手触りだ。」

    団長はこの両手に満たされる丁度いい重量の余韻を噛み締めつつ自分が現在するべき事を思い出す

    「闘技場のモスを一匹残らず駆逐してやる…!」

    「行くぞ鶏肉、キメラ、ラスタ、なおkんg(一時ラスタ)」

    団長の重い空気が伝わったのか全員いつにも無く良い顔をしてる

    鶏肉「キョエエエ」

    ラスタ「とうとうこの時が来ましたねぇ」

    なおkんg「極めっぞ!」

    キメラ「キャー!お花が咲きました!!」

    「全員配置に着け!メインターゲットをクリアしてからが本当の戦いだ!!」


    エリアIN最初に目が合ったのはモスだ。モスは我々の気配に気づいたのか草を食べてる。

    (チャンスだ!)

    団長はすかさず鬼神化RXターボ改になりエリア端にいるモス目掛けて×ボタンを連打した

    一秒でも早くモスの所についてくれと願うその刹那

    キメラが手前に居るモス目掛けてタイムレスバトルを振る

    戦いの火蓋は切って落とされた。

    メインターゲット達成の合図と同時に団長の鋭い刃は端に居たモス目掛けて次々と削いで行く。

    このまま団長は時計回りにモスを狩らなければ帰還までの僅かな時間で駆逐しきるのは非常に困難を極める

    信じるしかない。

    団長は目の前の豚を切るのに忙しい
    手前の豚達の様子を見る余裕は微塵も無い

    ここで剥ぎ取りを始めたい輩が居るなら私の軌道線上に来い、叩き切ってやる!

    そう頭の中で考えている間にも豚は次々と切られていく

    半分を過ぎた頃に視界がようやく手前の様子を映した

    全員剥ぎ取りをしていた。

    駄目だ…これじゃいつも通り数体が残る結果になると団長が諦めかけていたが

    違った

    どうやらキメラがタイムレスを振るった時にだろう
    いつも殺しきれていない横のモスまで綺麗に駆逐している

    団長はこれを見て歓喜

    「この戦いが終わったら綺麗に削ぎ落としてやる!」

    とうとうエリアの4分の3まで駆逐したが馬鹿共は依然剥ぎ取りに大忙しだ

    頼れるのは自分だけか…と思いながらも動く手は休めない

    時間的にはどうだろう残り数秒と言った所か、この時間が永遠に続けばいいと主人公さながらの臭いセリフを思ってしまう

    団長の腹時計で分かる時間がもう無いと言う事を

    だが眼前には中央付近のモスが二体草を食べている

    「間に合わない…!」

    感じる…時間切れの合図が…もう駄目だ間に合わないと完全に連打している×ボタンの手を休めようとしたその時

    鶏肉「キョエエエ!!」

    鶏肉が奥に居た豚目掛けて爪をガリガリした!!

    モス堪らず即死!!

    これほどまで鶏肉を愛した事は生きていてないだろう

    これほどまで鶏肉と呼んでいた事を申し訳ないと思ったのもまた、ないだろう

    「全ての奇跡がモス駆逐までの軌跡になったぜ!うぉらぁぁあ」

    モス「ブヒィィィ」

    やったぜ。ブログ書くことないからこんだけ膨らましてやったぜ。

    もう…疲れた…



    終わり




    MHF 水亀アンテナ
    ↑良ければリンクやお気に入りブックマークお願いします
    初心者必見オススメ装備一覧!

    私のラスタ情報(一時契約お願いします!)


    不満がある奴は私の所に来い!




     インしろ
    ↑ぽちぽち

    みのめたん
    ↑顔面クリック!

    関連記事

    カテゴリー:日記 | タグ:
    私を天才だと思う人の数⇒(10)トラックバック (0) | 2014年12月05日 (金)21時12分


    過去記事一覧
    トラックバックURL:http://hitokariikouze427.blog.fc2.com/tb.php/681-f973efd6

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。